オンライン競馬で稼ぐ!中央競馬で稼ぐための心得

競馬はオンライン馬券売り場で

私は人生で初めてハマったギャンブルは競馬で父親が競馬が好きということもあって小さい時から週末はよく競馬中継を見ていました。20歳になり馬券を買うことができるようになって初めてハマったギャンブルです。競馬とは簡単に説明するとサラブレッドという品種の馬が鞍上の騎手と息を会話しながら競走するスポーツでありレースごとに勝つ馬を最低でも三着以内に入る馬を出走馬から予想して配当を争奪するギャンブルでもあります。コースは芝・ダート・障害の三種類で、(地方競馬はダートが基本)競馬場もそれぞれ特徴があり例えば阪神競馬場は大きい坂が複数あるコースになっていたり、札幌競馬場では山や坂がなく平面で芝は洋芝のコースになっております。距離も人間の陸上競技と同じように1000mの短距離から3000m以上の長距離があり競走馬もそれぞれコースや距離によって得意不得意など、それらも参考にレースを予想します。レースはクラスによって分けられ一番格下は若駒のデビュー戦と1勝もしていない馬限定で走る未勝利戦で勝てば勝つほどクラスが上がっていって最終的に強い馬同士でレースタイトルをかけて走るG1レースが一番格上のレースでG1レースは強い馬が強い勝ち方をしたり、期待されていなかった馬が強い馬を走り負かす番狂わせの結果になったりとギャンブルなのにスポーツ観戦をしているような興奮と感動があるところが最大の魅力だと思っております。
最後に馬券の買い方や種類ですが一口100円から買えるのも競馬の良いところで、馬券の種類は初心者にオススメなものだと1頭だけを予想する「単勝」や「複勝」中級者以上なら3頭の馬とそれぞれも着順も予想する「三連単」など他の様々な種類があります。購入は競馬場でなくてもWINSやインターネット(IPAT)で購入することも可能です。





現代の競馬事情

現在の競馬はディープインパクトの研究をしないと全く勝てない。何処で走るのか、何処で走らないのかを見抜くことが必要となる。ディープインパクトが走る馬場ならそのまま買えばいいが、ディープインパクトが来ない馬場の時がある意味儲けだと思う。NHKマイルCはディープインパクトが来た記憶があまりない。くる血統はフレンチディピティーの血を持つ馬を狙えば馬券は取りやすいなど癖が出る。
若駒、クラシック戦線を賑わすとりわけディープインパクト産駒は古馬になるとマイル路線に行ってしまうことがある。3200mの春の天皇賞ではあまり出番がない。
今年から大阪杯がG1昇格したのでここを勝ってドバイに向かうディープインパクト産駒が増えて来そうな気はする。
ダートは地方交流重賞は今やJRA勢の独断場だ。中央専用機で地方は走らないの馬もいないことはないが大抵は中央馬が掲示板を独占するのが当たり前になっている。
更に地方特に大井の若駒のグレードレースに中央では500万をうろちょろしていた馬が圧勝してしまったり単なる場を貸す地方競馬になりつつあるのはレベルが違うとはいえ何かあっさりやられる姿は風物詩にすらなって来ている。
夏競馬、新潟と札幌と小倉はあと2週4日間開催を増やしてもいい気がする。というか東京開催が長すぎてダレる。阪神もG1を増やしすぎた。中央開催重視は結構だがローカル競馬にも少しは力を入れて欲しいのは単なるワガママだろうか。
新潟の直線競馬は外から買っておけば、ダートから来た馬を買えば、牝馬を買えば回収率がいいように思うが果たしてどうなんだろうか。新潟は重賞のない一年で最後の開催が秋に待っている。





おすすめオンラインカジノランキング!

Kachidoki【4号機で稼げるオンラインカジノ】
KACHIDOKIカジノ Kachidoki:情報
運営会社   :StudioBooking N.V 
ライセンス  :キュラソー島
運営開始   :2015年12月
ゲーム開始額 :100ドル~(クレジット&コイントレード)
出金条件   :入金額と同額以上を賭ける
インターカジノ【20年以上の歴史を誇る老舗カジノ
インターカジノ・オンラインカジノ インターカジノ:情報
運営会社   :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス  :マルタ
運営開始   :1996年
ゲーム開始額 :20ドル~(クレジット&ecoPayz)
出金条件   :入金額と同額以上を賭ける
ベラジョンカジノ【無料でも30ドル分遊べるカジノ】
ベラジョンカジノ・オンラインカジノ ベラジョンカジノ:情報
運営会社   :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス  :マルタ
運営開始   :2011年2月26日
ゲーム開始額 :10ドル~(クレジット&ecoPayz)
出金条件   :入金額と同額以上を賭ける

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ