カジノ法案について

カジノ法案とオンラインカジノの関係

カジノ法案の決議はオンラインカジノの今後について大きな影響を与える可能性があります。
というのも、現在の日本ではカジノに対する法案と言えば賭博法の範囲のみが対象となっているため、最近になって勢いを増しているインターネットを経由して外国のサーバーでプレイを行うカジノに対しては法的拘束力がありません。

今現在もそれは変わっておらず、オンラインカジノはまさに「ほったらかし」状態に陥っているわけです。
京都府警のサーバー課も、2016年にオンラインカジノのプレイヤーを3名逮捕・略式起訴したものの、その後はユーザーの監視はするものの、立件には至らない。という状況が続いており、非常にやきもきした状況に置かれているのだろうと思われます。

頼みの綱だった当時最大のネットバンクであったネッテラーのカジノとのやりとりを完全に禁止するという措置も、次なるネットバンクへの移行を促したに過ぎず、歯止めには決定力にかける状態です。

オンラインカジノ側は、いまだにその日本国内のサービスの手を緩める事はせず、とにかく法律が決まるまでは営業を続ける構えのようです。

そこで、注目を浴びているのがカジノ法案です。

現在IR推進の為に国会の議題に取り上げられて、何かと話題になるカジノ法案ですが、2016年11月、選挙が控えるため、たいして審議する事がない時期に、「緊急かつ重要でない案件」としてカジノ法案が審議に上がってくる可能性が高まっています。

今後の動向いかんによっては、もしかしたら「オンラインカジノは違法として禁止する」などの措置が取られる可能性もなくはないわけです。

おすすめオンラインカジノランキング!

Kachidoki【4号機で稼げるオンラインカジノ】
KACHIDOKIカジノ Kachidoki:情報
運営会社   :StudioBooking N.V 
ライセンス  :キュラソー島
運営開始   :2015年12月
ゲーム開始額 :100ドル~(クレジット&コイントレード)
出金条件   :入金額と同額以上を賭ける
インターカジノ【20年以上の歴史を誇る老舗カジノ
インターカジノ・オンラインカジノ インターカジノ:情報
運営会社   :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス  :マルタ
運営開始   :1996年
ゲーム開始額 :20ドル~(クレジット&ecoPayz)
出金条件   :入金額と同額以上を賭ける
ベラジョンカジノ【無料でも30ドル分遊べるカジノ】
ベラジョンカジノ・オンラインカジノ ベラジョンカジノ:情報
運営会社   :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス  :マルタ
運営開始   :2011年2月26日
ゲーム開始額 :10ドル~(クレジット&ecoPayz)
出金条件   :入金額と同額以上を賭ける

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ